鬼ポジハッピーメンヘラ日記〜強く生きるぞ発達障害〜

都内在住独身OL30代、発達障害の診断を受けました。ADHDとASDの併発だ!バリバリ高機能自閉感!歯ぎしりギギギの日々の暮らしをチョロくするための生活とツールの備忘録。服とか靴とか本とか大好き。人生はイージーモードが一番じゃい!明るく楽しいメンヘラ活動、途切れながらも続けて参るぜ。

人生ゲーム休職編【イベント告知最後にあります!】

休職して2ヶ月経ちました。

休職しますってブログ書いて結構経っちゃいましたが、がっつりみっちり休職してます。
結論から申しますと、めちゃめちゃ回復しています。
本当もうびっくりするくらいよくなっています。自分の心身にしっかり向き合えてる。

あと、今まで気になってたけど触れてこなかった領域と交流する時間が増えたことで、今まで持ってた謎の常識がボロボロなくなっていってるのが面白いです。

イノベーション的な思考とか、セレンディピティ的なひらめきが起きやすい頭になってるのがわかる。 いろんなことを思いつくようになって、いろんなことをやりたくなってきました。 意欲が戻ってきたのは最高です。
しばらくさぼってた趣味にも触り直すことができてきました。
幸い、友達はみんなやさしくて、いろんな楽しいことに付き合ってくれます。

そんで、こういう楽しいこと、今までは自分でできるだけやろうとして手いっぱいになって、結局クオリティが下がるみたいなことを繰り返してたんですけど、周りに声かけて、頼ることができるようになってきました。
いまさらなんですけど、私一人じゃないんだなあって思います。

これ私ここまでしかできないけどいい?とか、ここまでやっといた状態でもらえるとありがたいです、とか、今まで言っちゃいけないとなぜか思ってた。 やってくれるとすごく嬉しい、私もやれるだけはやるし、そっちがやってもらえるとありがたくて私ができることはやる、っていう姿勢を、やっと持てるようになってきました。
発達障害って、呪いの装備みたいなもんで、一生外れることがなくて。
でも、装備を時間限定で無効化する薬があるから、飲み続ければなんとかなるって思っちゃうんですよな。ないようなものに変化しちゃうし。

けども装備はそこにずっとあって捨てられないから、アイテム袋の中はその分埋まってるし、持ち続けてるからその装備の重さはずっと存在するし、その装備をつけて暮らすことそのものがひとつのクエストになってるから、何もなければ5つ受けれるクエストを4つまでしか受けられなかったりする。

でも、無効化しちゃうと見えなくなるから、アイテム袋の上限見間違えちゃうし、装備の重さのこと忘れて持てる重さ以上の装備ついてることになっちゃうし、クエストも3つ受けちゃっててんやわんやになって、人生というRPGの攻略どころではなくなってしまう。
なので、これはもう呪いの装備の克服や調伏ではなく、共存がよさそうだ、という至極当たり前のところにたどりつきました。

共存したステータスの上で、このクエストはいける、このクエスト受けちゃうと2クエストくらいのタスクになるから、他のクエスト受けるのやめとこ、とか考えていくやり方を思いついてきました。

だいすきな友達に、「相変わらず奮闘してるね!」と言ってもらったときに、自分の戦い方が変わったことに気がついたのです。

昔は、倒そうとしてた。戦闘だった。
今は、奮闘です。世界を良くするために何ができるかなって、できるだけ平和な道を探っていってるかんじ。
相手を叩き潰さなくても生きていけるかもしれない道を探す頭になってきた。
人生っていうこのゲーム、オープンワールドすぎるし、マルチエンディングにもほどがあるんだけど、少しだけ楽しくなってきた。 少しずつ、世界との戦い方を学んでいます。

 

このゲームの目的は、世界を平和にすること。
魔王を倒すことではない。 魔王と共存したっていい。
いろんな選択肢を改めて探りながら、ラブ&ピースしたい。

 

ためこんでた特撮の録画見たり、映画見たり、本読み直したり、落語行ったり、漫画読んだり、人としゃべったり、旅行行ったり。
たくさんたくさんこの2ヶ月の中で、やりたかったことやりまくった。
めっちゃ寝た。めっちゃ遊んだ。めっちゃ泣いた。めっちゃ笑った。

その中で、いろんな価値観ややり方にも触れた。 そんで、自分の求めてる神の一手のヒントは、普段いる世界以外にもたくさん転がってたのがわかったんです。
偶然が生み出す化学反応とか、他業界の常識をスライドさせることで起きる革命や革新のヒント、いっぱい集めたいと思った。

そんなわけで、イベント告知ですいません。 ざっくりした読書会をやります。

 


参加者さんに人生の教科書にしてる本を持ってきてもらって、めっちゃ並べて、バーーーーーッと読みまくる会です。

気に入ったのがあったら借りれたり、アマゾン出来たりできるように、Wi-Fiついてる図書館の会議室を借りました。

いろんな人が見つけてきた知恵や知見がばちばち混ざって、世界をよりよく攻略していくヒントを獲得できる場所ができたらいいなと思っての開催です。 ご興味ある方は、お気軽にご参加ください!
当日会場に来れない人用の遠隔参加フォームもあります!

 

映画を紹介するよという話【ドクター・ストレンジ】

何だか前回のブログ→OLになりたかった話。 - OL歯ぎしり黙示録が、思った以上にたくさんの方に見ていただけてたみたいで、ありがとうございます。

調子ぶちこきマンなので、ちょっと勢いつけて短スパンでちょいちょいっと更新していっちゃおうと思い立ちました。

ちょっと箸休め的なあれになりますが、映画レビューなぞを置いていこうと思います。

障害者手帳の恩恵を社会に還元するという意味合いもこめて。

 

田中は発達障害を論拠として、精神障害者手帳3級を取得しています。

行政サービスをはじめとしてたくさんの恩恵を受けられるのが大きな理由です。

参考:

susumu-akashi.com

その中で私が一番恩恵を受けているのって、間違いなく映画がいつでもだいたい1000円になるっていう点でして。
税金安くなるとかももちろん大きいんですけど、映画の場合本来かかる金額のほぼ半額とかになるので、わりととんでもない割引率で娯楽を提供していただいていると思います。ありがとう行政。

単価が安い分めっちゃ見に行って、めっちゃおすすめしたら、たくさんの人が面白い映画に行き当たる機会を作れるわけで、これはこれとして作り手にお金が回るお手伝いにもなるわけで、私なりの社会貢献になんじゃねえのかなと思ったわけです。

あと、単に面白い映画を皆さんに見てほしいし、私自身の備忘録にもなるし、いいこといっぱいだなと思ったので、やってみました。

 そんなわけで、今回はこの一本です。

ドクター・ストレンジ!

[http://


 

:embed:cite]

ここから買うと私に小銭入るっぽいからよかったらよろしくな!!!

 

主演のカンバーバッチ氏が、先日ベーカー街で暴漢をやっつけたという、ガチのホームズみたいなことをやってくれたのも最高だったので、この機会に。

シャーロックは私まだ見てないから、ストレンジ先生でレビューです。

まだインフィニティ・ウォーも劇場で見れるしね!

続きを読む

OLになりたかった話。

どちゃくそブログさぼっててまじですみませんでした!!!!!!

いろいろどたばたしてたんですけど6月中から時間が作れそうなので、リハビリも兼ねて更新しておきます。

いろんなことがあって、休職、決まりました。
6月中から、がっつり休みます。

なんか近々OLやめるかもな気配がするので、書いとこうと思って。

OLになりたかった、というお話です。

 

OL、OLってずっと言ってきたけど、結局のところわたしがなりたかったものって普通の女の子だったんだなって気づきました。
オフィスレディもそうだけど、オーディナリーレディになりたかったんです。

わたしの生きやすい理想は普通のOLちゃんだった。
誰からも疎まれずそれなりに愛されて、幸せに暮らす女の子。
簡単に結婚して、簡単に愛してもらえて、お金に苦労したことなくて、つらい思いもほとんどしたことなく、死にたいなんて思ったこともなく、何の苦労もなく生きている。ように見えて。とてもとてもうらやましかった。

そう思う時点で、普通の女の子って言うのは目指すことでなれるもんじゃないと気づいてよかったという気が、今はします。
普通の女の子は、普通に生きてりゃ普通になってんだよ。
目指す時点で間違ってんだよ。

何だこのパラドックス。超不毛だよ。

 

実際、OLちゃんは何の苦労もないわけじゃないっていうのは百も承知ではあるし、苦労比べのマウンティングは論点違いになるのでやりませんが、何でこんな叶いもしない憧れを持ってしまっているのかという点は治療の余地があるし、自己分析したほうがこの後の人生50年くらいが生産的に生きていける気がします。

 

 

普通、が、こんなにも自分から遠いんだ、ということをわかった上で、普通はこうする、普通に考えたらわかる、とか言われんの、ほんっとに気が狂うのに、何でそこを目指そうと思ってたんだろうね。

効率が悪くて、しなくてもいい苦労を買ってるだけだよね。
苦労したくないなら、苦労しない方面に行く指針と覚悟をわたしは決めるべきだったのだ。

生きやすくなりたいって言う時点で、自分のこの状況は生きづらいというものだとわかるべきだった。
普通じゃない人間になりたかったけど、それよりもとても強い気持ちで、普通の女の子になりたかった。

 

苦労なんて、しない方がいいのは当たり前の話です。本当に。
買ってでもする、なんてのはマジでとんでもない。
あんなの生き残る程度の苦労しかしてない連中が言ってるだけです。
あれは本当に負の連鎖です。
自分と同じようなつらい目にあってほしい、自分だけがつらいなんて許せないっていう負の連鎖です。
最高にくだらない。
なのに、普通になるという苦労を、買ってでもやろうとしてたね。
ばっかだねえ。私自身がくだらねえ連鎖を生もうとしてたね。

 

私は私なりに、苦労しない道を行こう。
それが世間様のいう普通とずれていたとしても。

普通を鼻で笑いながら生きていこう。
自分なりのチョロい人生を組み上げていこう。

 

私がこんなめんどくさいやつでも、普通じゃなくても、私を好きだといってくれる人はいる。
生み出せるものはある。

それを思い出すために、普通を、ちゃんと、やめていこう。

 

生きような。

生まれたからには、生きてやろうな。

この謎の欲望と、願いへのこだわりとの絡み合いをほどいていきたい意欲が芽生えたのもいいことだし、ほどく余裕が出せてきてるのも、全部いいことだな。

発達してるぞ。えらいぞえらいぞ。

 

私は育っている。

私の人生を歩きづらくし、道をずっと塞いでいた岩が、実は大きな氷塊だとわかったのは1年半前。

泥だらけで黒ずんでたし、10年前にも氷だと思って診断機関に行ったけど違う、岩だ、氷ならもっと透明なはずだ、と言われたけど、時が経ってもう一度診断してもらったら、やっぱり氷だった。

氷だってわかったことで、外気に晒し続ければいつかは溶けるだろうし、なくならないまでも少し小さくなって道が歩きやすくなるだろう、と取り組み始めたわけだけど、外気はわりと私にも毒で、ちょっとだけ疲れてしまった。

けど、氷が溶ければ楽なのはわかってるから、ちょっとだけ日陰で寝転がって、氷塊の成分や効果的なアプローチについて、ぼんやりと考える準備をすることはできそうだ。

 

育っている。

今までの私なら、何で溶けないの何でこんな氷の塊わたしだけ抱えてんの、って泣き喚いてただろうに。

 

えらいよ。わたし。

死ぬまで生きてやろうな。

全部は解けなくても、少しだけでも、氷の呪いが解けたなら、自分のことをほめてやろうな。

できなかったこと、できないことじゃなくて、できたことを積み重ねような。

お前は生きている。

お前は死んでない。

 

お前は少しずつ、自由になれる。

 

だいじょうぶ。私の行く手は、溶けた氷に太陽が反射して、わりときらきら輝いている。

治療開始から1年したよ。長いよ~~~

歯ぎしりOL、ブログはじめてみたもののまったくもって更新せずに本当すみませんでした。

なんかいろいろありまして、仕事も含めてうまくいっているとは言いがたいは言いがたいですし、周囲の理解と無理解もトントンくらいで存在しますが、うまくいくやり方はなくはないぞ、探すぞ、トントンなだけいいじゃ~~ん、いざとなればどうしたって生きてはいけるぜ、というわりと気楽な気持ちで生きております。

わたしのような人間が社会をなめくさっていても生きていけるような社会であってほしい。そういう風になるとよい。

そんなわけで、発達障害治療を始めて、1年が経過しました。

初期こそストラテラの副作用と戦ったり、感情が治療前より不安定になったりしましたが、結局ストラテラ以外に投与された睡眠薬抗不安薬もほぼ使うことなく、明るく元気なメンヘラとして生きています。睡眠薬抗不安薬、投与されただけで安心しちゃって、結局大丈夫になってしまう程度にはお気楽極楽メンタルでした。

 

特性を理解して特性を生かしたやり方を使う、という、ところに終始するなあ、というのが一年治療してみて得た感想です。
私の場合は理論にあてはめていくことでいろんな対応が効くので、 事象としての正しさは数字と先人から導き出すことで担保し、直感は直感として、思いつきは思いつきとして大事にする。
その両立ができるようになるために、本は読み続けるし、勉強は続けるし、あらゆることを面白がること。これは心がけて生きたいと思っています。
ケーススタディをたくさん持つためにも、トライ&エラーの繰り返しをすることに変わりはない。
理解すれば早いので、理解のスピードアップをすることも必要。
しかしながら、やり方さえ合っていればできないことはないのでは、と思っています。

その意味では、治療前よりは絶望を感じてないかなあ。
ツールを使う、考え方を変える、やり方を変える、タイミングを変える、たくさんやりようはある。
その中から、「できるようになるやり方」を見つけていくことが大事なんだなって気持ちです。

そのためには、目が悪い人間がめがねをかけて初めて、クリアになった視界を知るように、補助輪をつけて自転車に乗れることはどういうことかを知るように、「できるという状態がどういうことかわかる」ところから始まる気がしています。
その状態にしていくためにどう動くか、どんなやり方をするか、それを見つけるためにも治療は必要であると思う。できる、がわかんないとわりとどうしようもないところすげーありました。
また、それは、現状を知り、対策を与え、現状の管理を行う、マネジメントの観点でもあると思う。
結局のところ、治療は自己マネジメントなのかな、と思った次第。
自分の特性を知って、自分という生き物を乗りこなせれば、結局のところ何とかなるかも、というきもち。
そんなわけで、足りない部分を補って標準化するのは薬による治療に任せて、突出してる部分はグイグイ伸ばすと、わりと最強なんじゃねえかな、ということも考えています。

 

そんで、30年間これが生きづらいって言われる事象で、自分の頭と体に並以上の負荷がかかってることすらわかってないまま生きてきてたせいで、異常に体力がついてしまいました。気力だけ弱かったしメンタル弱かったんですが、なんかそこは、治療を受け始めたおかげで、私は感受性が脳みそのせいでやたらと強いからこれはたいしたことないのにダメージ受けてるだけかも、って思えるようになりました。急に最近メンタルがタフネスになってきており、世間の全部にざまあみろプップ~~って言いたい程度には嫌なやつになりました。

元気があれば何でもできる、を地で行っている感めっちゃある。
この調子でグイグイいきます。

今まで私を苦しめてきた世界の全部に、親指を下げるんじゃなく、親指を立ててドヤ顔したい。

そんな夢すら出てきたのは、診断受けてからなので、女30にしてまだまだいけるで、というきもち。

ドントトラストオーバーサーティーには、まだまだしばらくなれんなあ。

これからの人生のほうがよっぽど真実味にあふれている気がするよ。

乙女もすなるインスタグラムというものを

始めてみました〜〜!!!

https://instagram.com/p/BPSBtw-Bf9X/

すっげえな立ち食いそば屋の肉うどんがこんなにフォトジェニックに。

フィルターの力すっげえな。

これもひとつのメディアリテラシーの形だな。

仕事で会社のインスタやることになりまして、そのためのお勉強として始めてみましたがめし日記兼料理メモとしてはすごくいいですね…使いますね…

スキンケアが雑。

師走!年の瀬!大忙し!の波に揉まれていたら年が明けていました。

あけましておめでとうございます。

なんとか生きてます。

OL田中です。

 

書きたいこと溜まりに溜まって結局何も書いてないのアホかなって思ったので、とりあえず備忘録として使ってみようと思いました。

ドラッグストアやら百貨店やらで毎度わたしがアワアワする美容の話をとりあえず。とりあえずスキンケアの話を。

 

スキンケアなんて言うとさぞかしちゃんとしとるんやろというニュアンスが出ますが、限界まで手を抜く方法しか考えていません。

店員さんにダッシュで殴られそうな使い方ではありますがこの方にわたしの皮膚を一任しております。

 

Laline JAPAN Online Shop / ボディソフレ350g http://www.laline.jp/shop/products/detail.php?product_id=1906

 

こないだ店員さんにフワッと、顔に使えますかって聞いたら、首から下用ですね〜〜ってフワッと優しく訂正されました。

しかしながら今んとこ顔体全部にそのまま使ってますけどトラブルありません…強靭な肌でよかったです…

 

びびるくらい減らない。めちゃめちゃ伸びがよくてわりと引いてる。ありがとうラリン。

本当言うとちゃんと顔と体と分けてケアしたいのが本音なんですけど、そもそもわたしすっっっごいお風呂好きじゃなくて、すっっっごいがんばってお風呂はいって上がって、すっっっごいがんばって髪まで乾かしたあとに、化粧水と乳液が二本並んでて両方つけるモチベーション全然残ってないゴミぶりなわけでね。

ゴミはゴミなりに、できることから着実にがんばろう、とやってみた結果、あまり無理がありません。

これでハードル下げたおかげで、お風呂も結構ためらわず入れるようになりました。

常識につかまらず、自分にとってたいへんじゃないライン、差し支えない範囲を探っていくのは、わりと楽しくて、生きていくのが楽になってく感じがします。

 

とはいえ、たまにはがんばれる日もあるので。

そのときは無印の化粧水と乳液使ってます。

使い分けもだいじ。

無印の何がすばらしいって深夜でもファミマに行けば買えるところですよ…

 

本当めちゃめちゃ美人の友達が、スーパーで売ってる300円くらいの化粧水とメンソレータムとオロナインだけでスキンケアしてるの聞いてから、わりとマジで高級化粧品信用してないところがあります。

彼女の美貌を作っているのはまぎれもなく、ストレスのない生活と、たっぷりの睡眠と、清潔な環境と、わりとちゃんとした食事です。

うちのおかんちゃんもな、きちんとしてないって思い込んだりするストレスがあるのほんとよくないって言ってた。

おかんちゃん、エステティシャンなので、やたら説得力ある。

 

無理なくきれいになりたいなあ。

 できる範囲で。

まわりに惑わされず。

できる範囲ながらきちんと。

ブログはじめました。

都内在住、平凡なOLだったはずの田中。
30歳の誕生日を前に、ある日突然、発達障害の診断を受けて…!?

 

田中と申します。

普通に社会人してたんですけど、勤務時の注意欠陥の症状がひどく、もしやと思い心療内科を受診したところビンゴでした。
ADHDのうち、注意欠陥が優勢のADDタイプとして医師の診断を受けました。

 
ストラテラの投薬による治療中。仕事はそのまま続けています。
治療の一環のなかで、やったこと読んだ本買ったもの、考えていることなどをまとめるための備忘録です。

 

 

普通とか、常識とか、暗黙の了解とか、空気とかがうずまいたふわっとした社会に歯ぎしりしながら生きてきました。

これが、生きづらい、と呼ばれる状況なのだと、診断を受けて初めて知りました。

私を苦しめるふわっとしたやつらを明文化、構造化して、生きやすくなったろうやんけ、という趣旨で、いろんな本を読んだり、ツールを使ってみたり、生活改善に取り組んでいます。

 

書きとめとかないとすぐ忘れてしまうのもこの病気の大きな特徴です。

治療記として、ツイッターで書いてもいましたし現在も書いておりますが、まとめて見れないのめんどくせえな、と思ってブログも作ってみた形です。

診断の経緯や流れ、症状に対しての対策、同じような診断を受けた方も、受けていないながらも似たような事象に悩んでいる方も、生活をやりやすくするための参考にしていただけそうな部分があれば、と思って記録を公開しています。

個人の備忘録ではありますが、わずかなりとも、何かの参考になればこれ以上の幸福はありません。

歯ぎしりや、涙や、辛い気持ちが、少しでも減るヒントになりますようにと願うばかりです。

雑記ばかりではありますが、これからよろしくお願いします。